パリつぶ

パリジェンヌたちのつぶやき

公園でアペリティフ・ディナーを

f:id:bonjour-paris:20180731112055j:plainルイーズ

 

屋外で過ごすのにいい季節になったので、近くの公園でアペリティフ・ディナーをすることになった。

 

f:id:bonjour-paris:20190531152910j:plain

 

アペリティフは普通食前酒とともに軽いおつまみを楽しむのだけれど、このアペロ・ディナー(apéro dinatoire)は、そのおつまみを少し食べ応えのある軽いディナーにするもので、サンドウィッチやサラダを用意することが多い。

夜10時過ぎまで明るいこの時期にはピッタリのアイデアだ。

 

ヨガ教室の仲間のアンヌを誘い、彼女が娘のカミーユとその日本人のボーイフレンドオサムを連れて来る。一度、二人がオサムの友人の日本人アーティストを私の勤めるギャラリーに連れて来たことがあって、すでに顔見知りだ。

 

アペロ・ディナーのためにアンヌがサラダを、カミーユとオサムはおにぎりを作って持って来た。私はバゲットとパテとチーズを、アンヌの恋人アルノーがワインとジュースと生ハム、という具合にみんなが持ち寄りで食べ物や飲み物を持って来る。

芝生の上にシートを広げ、食べ物を並べ、Françoise Paviotの可愛い鶏柄の紙ナプキンをみんなに渡す。

f:id:bonjour-paris:20190531153025j:plain 

うちの子どもたちが好きなガヴォットブランドのバゲット型ビスケットを取り出すと、オサムが「これ面白いですね、日本の友人へのお土産に買っていけば喜ばれるかも」と言って、スマホで写真に撮った。

 

f:id:bonjour-paris:20190531153059j:plain

 語学学校でフランス語を勉強中のオサムの目に見えて上達していて、前回ギャラリーで会った時より、だいぶ流暢になっている。

「日本でもこんな風に外でアペリティフをすることがあるの?」と尋ねてみると、

「桜の季節に桜の木の下で同じようにお酒を飲むことがあります」との返事。

桜の下でアペロなんて、素敵だろうな。

 

アンヌの携帯電話が鳴り、声をかけておいたヨガ教室仲間のエマから少し遅れる、と連絡がある。

「エマも新しいボーイフレンドを連れて来るって。それからパリの地ビールを持って来るそうよ」。

するとカミーユが「瓶ビールだといいな」と言ったので、「なぜ?」と聞くと、「これを使えるから」と紙コップやお皿の入ったピクニックバッグから取り出したのは、エッフェル塔の形をした栓抜き。

f:id:bonjour-paris:20190531153133j:plain

 

「日本人はエッフェル塔が好きなので、日本に帰国する時に友達のお土産用に買って行く予定です」とオサム。

 

娘のアリスがベビーカーの中でうとうとし始めた頃に、自転車の遠乗りから戻って来た夫のステファンから電話が。デザートのケーキをどこかで買ってからアペロに合流するという。

 

にぎやかな集まりになって来た。

 

 

bonjour-paris.jp