パリつぶ

パリジェンヌたちのつぶやき

薔薇のショコラとブレスレット

f:id:bonjour-paris:20180731112055j:plainルイーズ


今年の復活祭は4月21日。まだ一ヶ月も先だけど、パン屋やショコラ専門店のウィンドゥには、復活や繁栄のシンボルの卵やうさぎの形をしたチョコレートが並び始めている。

 

f:id:bonjour-paris:20190322085927j:plain

 

復活祭は年毎に日付が変わるけれど、今年は少し遅めだ。去年は確か4月1日だった、エイプリルフールと重なっていたのでよく覚えている。

 

まだ少し早いけど、子どもたちへのプレゼント用のショコラを買うのを忘れないようにステファンに言っておかないと。なぜか復活祭のショコラはステファンが自分で選びたがるので。

 

と思っていたら、夕食の後にステファンが、

「今日は秘書のテレーズの誕生日だったので、薔薇専門の花屋オ・ノム・ドゥ・ラ・ローズAu nom de la roseに花を買いに行ったんだ。そうしたら、これを見つけたのでキミにプレゼント。復活祭に子どもたちのショコラと一緒に渡そうと思ったんだけど、今年の復活祭はまだ先だからね」。

f:id:bonjour-paris:20190322090005j:plain

 

オ・ノム・ドゥ・ラ・ローズのオリジナルのミルクチョコレートだ。薔薇の香りがほんのりして、程よい甘さも食後のエスプレッソのお供にぴったりだ。

 

「これも一緒に売ってたから」とステファンがオ・ノム・ドゥ・ラ・ローズの紙袋から取り出したのは、ローズのブレスレット。

f:id:bonjour-paris:20190322090030j:plain

 彼は自分の会社の社員全員の誕生日をちゃんと控えていて、花を贈るような気遣いのできる人だ。ただ、プレゼント選びのセンスがイマイチなので、私へのサプライズプレゼントには時々閉口するようなモノをくれる時もある。

 

でも、このブレスレットは当たり!だ。これからの季節、普段使いにちょうどいい。明日、ギャラリーに着て行く白いシャツ、捲った袖の先からこのローズがちらりと見えたら素敵だろう。

bonjour-paris.jp