パリつぶ

パリジェンヌたちのつぶやき

ひとりぼっちのシャンゼリゼ

f:id:bonjour-paris:20180731112110j:plainエマ


ショコラ男爵とは別れることにした。そもそも付き合っていなかったので、“別れる”は変だけれど。

 

彼を紹介してくれたリザとシャンゼリゼのカフェで夕方、お茶することにした。リザは生後2ヶ月の男の子がいるのだが、この日は結婚記念日で夫ニコラと二人でディナーに行くため、ベビーシッターを雇ったのだという。ニコラとの待ち合わせの前に私とカフェで会うことになったのだ。

 

f:id:bonjour-paris:20181221100135j:plain

ショコラ男爵のことで話がある、と言ったらすぐに察したらしく、「また、別の人を紹介するわ。きっとエマにふさわしい人が現れるわよ」。ショコラ男爵の方はあなたを気に入っているのに、という言葉は出て来なかったので、彼の方も私にそれほど執着していなかったのだろう。

 

今年の夏、一緒に住んでいた彼と別れて、その時は大晦日までに新しい彼が欲しい、なんて思った。でも、一人になるのがイヤだからと好きでもない人と何となく会っているのも虚しかったのだ。

 

8時少し前にニコラが合流し、挨拶を交わしてから当たり障りのないことを話して、三人でカフェを出た。ディナーのためにレストランに向かう二人と別れて、ノエルのイリュミネーションを見ながらシャンゼリゼ大通りを一人ぼっちで歩き始めると、寒さと寂しさを感じた。

 

こういう時は気分転換が必要、と言っても一人でバーに行ったりするのは好きじゃない。

夜遅くまで開いているコスメのセレクトショップ、セフォラに立ち寄って、シャワージェルカプセルを買う。1回分ごとの少量のジェルが入ったカプセルで、開けた瞬間にバスルームにいい香りが漂うのだ。

 

f:id:bonjour-paris:20181221100225j:plain

f:id:bonjour-paris:20181221100253p:plain


明日は休みなので、ちょっと朝寝坊をして、朝食後にこのシャワージェルを使ってゆっくりシャワーを浴びよう。