パリつぶ

パリジェンヌたちのつぶやき

マルシェ・ド・ノエル

f:id:bonjour-paris:20180731112125j:plainアンヌ  

 

サンジェルマン・デ・プレ教会の広場とそこから続く歩道にマルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)が出ていた。プレゼント用の小物から、オーナメント、サントン人形(ノエルに家庭で飾る小さな土人形)、ホットワイン、クレープの店が並んでいる。

f:id:bonjour-paris:20181207065051j:plain

f:id:bonjour-paris:20181207065137j:plain

f:id:bonjour-paris:20181207065215j:plain

f:id:bonjour-paris:20181207065243j:plain


気がつけばもう12月で、1年が経つのが早い。

 

以前はシャンゼリゼ大通りにマルシェ・ド・ノエルが出ていたが、去年中止になった。理由は、確か中国製の粗悪品を売る店が多くてシャンゼリゼのイメージを悪くするから、ということだったと記憶している。

ただ、今年は黄色いベスト運動(燃料価格の高騰、燃料税引き上げに反対するデモ)が起こって、シャンゼリゼでは治安部隊とデモ隊がぶつかったり、デモに便乗する破壊行動や略奪行動もあったので、マルシェ・ド・ノエルがなくて幸いだったかも。

 

カミーユはどこからそんな情報を見つけてくるのか、マルシェ・ド・ノエル・ジャポネ(ジャパニーズ・クリスマス・マーケット)が行われる、と言ってオペラの方に出かけて行った。カミーユによると、日本の食品や着物の布を使ったバッグや小物類、日本の民芸品などを売る見本市なのだそう。しかも大変な人気で、入場制限があり、列に並んでやっと入れたのだという。

ただ、ちょうどその日に会場に近い、サン=トノレ通りでもデモがあったと聞いてやきもきしたけれど。

 

カミーユの日本熱は冷めず、日本行きに向けて熱心に日本語も勉強している。

今年のサンタクロースからのプレゼントは日本行きのチケットになるかもしれない。