パリつぶ

パリジェンヌたちのつぶやき

ノエルのプレゼントにぴったり、エッフェル塔のお皿

 

f:id:bonjour-paris:20180731112125j:plainアンヌ 

 

仕事の後に娘のカミーユとオデオンで待ち合わせて映画を見に行くことになった。

同僚に話したら、「仲がいいのね、この前も展覧会に一緒に出かけたんでしょ?うちの高校生の娘なんか反抗期で口も聞いてくれないわ」と言われる。

カミーユの思春期の反抗期は中学生1年の頃で、あの時は何を言っても「Non!」が返ってきたっけ。元夫とうまくいかなくなった頃だったから、それが原因かと思っていたけれど、今思えば反抗期だったのだろう。

 

約束の時間まで少しあったので、リュクサンブール駅で降りて、ぶらぶら歩くことに。

 

ふと、陶製の食器やアクセサリーの置いてあるギャラリーのウィンドゥに目が止まる。

f:id:bonjour-paris:20181026112854j:plain

 

今年のノエル(クリスマス)は、カミーユは元夫の実家で過ごすことになり、私は恋人アルノーの実家に招待されている。去年のノエルもアルノーのご両親と妹夫婦とその子どもたちと楽しくご馳走を食べて、ノエルを祝った。ただ、面倒なのはプレゼント交換で、一体何を選んでいいのやら・・。アルノーは「何でもいいよ、みんなショコラで」。と言っていたけれど、それじゃあまりにも芸がないので、去年は、女性陣にはスカーフ、男性陣にはワイン、子ども達にはショコラをプレゼントした。

 

ウィンドーに飾ってあった陶製アクセサリーは、オリジナリティがあるし、値段も手頃かも。でもアクセサリーは好き嫌いがある・・。その下に敷いてあるエッフェル塔のモチーフのお皿はどうだろう?真ん中にエッフェル塔が描かれた、いかにも観光みやげ風のものはたくさん見たけれど、エッフェル塔の上部分だけ、しかも位置が微妙で面白い・・、真ん中に何かを置いてもエッフェル塔が隠れないというわけね、プレゼントに素敵かも。

と、早速2枚買ってしまう。ノエルまであれでもないこれでもないとプレゼント探しに頭を悩ませる時間を減らすことができた。

パッケージは自分でノエル風にするつもりなので、割れないように紙で包んでもらうだけにする。

 

その後、待ち合わせのオデオン駅近くのカフェに向かう。

古き良きパリの雰囲気のパッサージュ、デコボコした石畳・・、この界隈はカミーユのお気に入り。私にとっても学生時代を過ごした懐かしい場所。

 

f:id:bonjour-paris:20181026112958j:plain

 

f:id:bonjour-paris:20181026113027j:plain

先に着いて待っていたカミーユに早速、お皿を見せると、

「私もこれたか子(元夫の新しい彼女)へのノエルのプレゼントに買いたい!ママ、知ってる?日本人の女の子はエッフェル塔が大好きなのよ。日本にはエッフェル塔グッズ専門のオンラインショップもあるんだって」

「そういえば、東京にもエッフェル塔に似たタワーがあるって聞いたわ」

「東京タワーっていうのよ。ねえ、この近くのギャラリーなんでしょ?映画が始まるまでにまだ時間があるし、このお皿がなくならないうちに買いに行こうよ!」

と、カミーユに急かされて、頼んだばかりのカフェオレを慌てて飲み干す羽目に。

 

私の恋人の母親と妹が、私の元夫の恋人と同じお皿を持つなんてちょっと変な感じだけれど、彼女たちが顔を合わせる可能性もほとんどないし、別にいいか。