パリつぶ

パリジェンヌたちのつぶやき

パリの地ビールと新しい恋の予感

f:id:bonjour-paris:20180731112110j:plainエマ

 

会社帰りのメトロの中で近所に住むミシェルと乗り合わせた。

おしゃべりしながら地上入口への階段を上がりながらミシェルが、

「日が長くなったわよね。ちょっとカフェでアペロしていかない?」と提案してくれたので、快く応じた。

夏が近づいていることを感じさせる陽気で、冷たいビールが飲みたいと思っていたら、ミシェルも同じことを考えていたらしく、

「パリの美味しい地ビールが飲める店がこの近くにあるのよ!」

 

テラス席に陣取り、早速ミシェルのお薦めパリジスのビールを注文する。

 

 

f:id:bonjour-paris:20190517104041j:plain

 

 

bonjour-paris.jp

 

「この店、たまに一人で来てビールを飲むんだけど、よく男の人に声をかけられるの。それも、不思議なことにシングルだった時は全然だったのに、彼ができたら急によく誘われるようになったの、もちろん、焼きもちやきの彼がいるから、って断るんだけど」

「恋してきれいになったのよ」とありきたりなことを私が言うとミシェルが、「きっと私、以前は物欲しそうな顔をしていたんじゃないかと思うの。彼ができて気持ちに余裕ができたっていうか、それで逆に声をかけやすくなったのかな、なんて思うのよね」。

「私、物欲しそうな顔してるかしら?」とふと気になってミシェルに尋ねてみると、

「うーん、エマは、男なんてうんざり、しばらくは一人でいいわ、って雰囲気を醸し出しているかも」。

「それで誰も寄って来ないのね」と苦笑いすると、

「物欲しげにしているよりはいいわよ。それに出会いのチャンスって突然訪れるものだから」とミシェルが半ば励ましのように言った時に、

「エマ!」

と店の前を通りかかった男性に声をかけられる。去年別れた元カレの友人ジャンだった。誰とでも打ち解ける気さくなタイプで、確かバツイチだったはず。ミシェルになんと説明していいか分からず「昔の友達の友人のジャン」と紹介したところ、彼は表情一つ変えなかったので、私たちが別れたことは知っているようだ。

f:id:bonjour-paris:20190517103803j:plain

 

ジャンに椅子を勧めると彼も同じビールを注文し、3人で話題の映画やヴァカンスの予定などのたわいもない話をする。

 

別れ際に「エマ、よかったら連絡してよ」とジャンがビールグラスのコースターにメルアドを書いて渡してくれた。少しドキドキしている私の気持ちを見透かしたようにミシェルがウィンクをした。

一人アペリティフの愉しみ

f:id:bonjour-paris:20180731112125j:plainアンヌ


若い頃は、アペロ(アペリティフ=食事の前につまみを食べながら食前酒を飲むこと)と言えば、友人や家族とワイワイやりながら楽しむものだと思っていたが、最近は一人、家でのんびりアペロをする愉しみを覚えた。

 

娘のカミーユが友達と外出して、自分一人だけで過ごす夕方は、仕事から帰って着替えると、一人でソファに座って好きな音楽を聞きながら、あるいはベランダに出て通りを歩く人々を見下ろしながら、のんびりアペロをするようになった。

 

展示会のヴェルニサージュ(オープニング)や企業の新製品発表会のパーティでは、高級食材店のケータリングなどを利用したおしゃれで豪華なアミューズブッシュ(一口おつまみ)が出て、それはそれで美味しい。

でも、家で一人アペロする時は気取りのない、どこのスーパーでも売っているつまみを片手に、食前酒を飲むのがいい。

 

最近、気に入っているのはミシェルエオーギュスタンのピタパン・クラッカー。このブランドのスナックは色々試したけど、このオリーブオイル味に目下、ハマっている。

f:id:bonjour-paris:20190511000735j:plain

 

それからアペロの定番とも言えるオリーブの実。このアンチョビ入りが私好み。

 

f:id:bonjour-paris:20190511000804j:plain

 

食前酒は、以前はピノーとかマラガとか甘めのものが好きだったけど、最近はビールか白ワインを飲むことが多い。

 

f:id:bonjour-paris:20190511000859j:plain

 

のんびり一人アペロを愉しんだ後はパスタ、サラダにチーズなどの軽い夕食で済ます。

若い時みたいに肉をしっかり食べないと夜中にお腹が空いて目がさめるなんてこともなくなった。夕食を軽めにした方が健康にもいいし、ダイエット効果も期待できるのだ。

 

bonjour-paris.jp

スズランとクレンジングシート

f:id:bonjour-paris:20180731112055j:plainルイーズ

 

5月を迎え、スズランがマルシェ、花屋、スーパーに並んだ。

ギャラリーから戻ると一足先に帰っていたステファンが買ってきたスズランがベランダに飾ってあった。最近はこんな風にバラと組み合わせたりするのが流行りみたい。

f:id:bonjour-paris:20190503160747j:plain

 

ヨガ教室の友人アンヌの娘カミーユが、パリで個展を開きたいと考えている日本人女性のアーティストをギャラリーに連れて来た。

アンヌの話によると、今、オサムという日本人男性がパリに滞在していて、日本に留学したいと考えているカミーユと親しくしている。そのオサムの従兄弟が4月末からパリに遊びに来ていて、アーティストはその奥さんだという。

 

アーティストとその夫とオサムの日本人3人とカミーユ、合わせて4人がギャラリーに来て、アーティストが持ってきた作品のブックをギャラリーオーナーのイザベルと私に見せてくれる。

日本人アーティストということで日本画水墨画のようなものをイザベルは期待していたが、それはアール・ヌーヴォー風のイラストで、案の定「彼女、ミュシャが好きなんです」とカミーユが教えてくれた。

 

最初、アーティストは英語で私たちとコミュニケーションを取ろうとしていたが、そのうちカミーユの通訳に頼んだ方が楽だとわかったらしく、日本語とフランス語のやりとりになる。

 

今、日本はヴァカンスシーズンで、アーティストとその夫はそれを利用してパリに来ているのだという。夫妻はフランスに来るのは初めてで、街はきれいだし、食事も美味しいけれど、水が苦手だという。

「レストランで出て来る水道水を飲むとお腹が痛くなるし、それからシャワーのお湯で肌がカサカサになるんだって。日本の水は軟水なので、パリの硬水に慣れないみたい」

カミーユが説明してくれる。

アーティストは「夜、メイクを落とした後に顔を洗うと朝、肌がかさかさになっていて困っています」と言ったので、イザベルが「私は顔なんて洗ったことがないわね。クレンジングローションをコットンにたっぷり浸してそれでメイクを拭き取ったら、後は化粧水で拭いて終わりよ」。

すると、アーティストは驚いた顔で、「え?顔を洗わないんですか?」

私もちょうどランチタイムにドラッグストアでクレンジングシートを買って来たところだったので、それを見せて「私はこれでメイクを拭き取って、後は化粧水をつけているわ。日本にはこういうものはないの?」

f:id:bonjour-paris:20190503160820j:plain

「ありますけれど、これでメイクを落とした後に洗顔するんです」とアーティスト。ただ、このビオデルマのクレアリン(サンシビオ)シリーズは日本では見たことがないということで、パリのドラッグストアで買って帰りたい、とスマホで写真に撮っていた。

 

20才くらいに見えたアーティストが30代半ばと聞いて、今度は私とイザベルが大いに驚く。アジア人は年齢より若く見えるが、このアーティストは肌もきれいで、とても30代には見えなかった。軟水で毎日顔を洗っているせい?

 

bonjour-paris.jp

 

 

 

シングル女一人旅とマーヴィスの歯磨き粉

f:id:bonjour-paris:20180731112110j:plainエマ


シングル女子のガレット・デ・ロワのお茶会に参加した4人、イレーヌ、ジュリー、ミシェル、私でレストランに集まって食事をした。

そのうちの一人、ミシェルは恋人ができてシングルではないのだけれど、「なんか恋人ができたら一人抜けて、二人抜けて・・っていうのも感じ悪いわよね」と結局4人で集まることに。

 

今回、話題に上がったのがいかにもシングル女子の会らしい、“女一人旅”について。

 

「今、流行っているのよ。Voyage en Solo (一人旅)で検索するといっぱい出て来るの。パッケージツアーの宣伝も多いけど、『一人旅のための20のアドバイス』とか」とイレーヌ。

「へー、それって恋人探しのための一人旅なの?」とジュリーは興味津々な様子。

「自分を見つめる旅、なんて書いてあったりするけれどね。みんな旅先での出会いを期待しているんじゃない」

「そういえば子どもの頃に見た古い映画で、彼氏と別れた後で一人旅して、最後に新しい出会いが待っていた、っていうストーリー、記憶にあるわ」とミシェルも話題に入る。

「それって、エリック・ロメール監督の『緑の光線』じゃない?私の友人は離婚後に一人旅して、旅先で男の人と知り合ったんだって。ただ、その人とは手紙のやりとりを数回しただけで終わったらしいけど」と私もヨガ教室の仲間アンヌの例を持ち出した。

 

 イレーヌはすでにこの夏のヴァカンスは一人旅の計画を立てていて、

「一人旅をを満喫するために、持っていくものも一つ一つ素敵なものを選んで買っているの。服は6月のバーゲンで買うつもりだけど、それ以外のもの、例えば今日ドラッグストアで買ったのはこれ」

とバッグから取り出したのは、マーヴィスの歯磨き粉。

f:id:bonjour-paris:20190427020025j:plain

https://bonjour-paris.jp/

 

「25mlの小さいやつもあって、旅行には便利なんだけど、あえて85mlのタイプにしたわ」。

すかさず、ミシェルが、「分かった、旅先で知り合った男性とその後一緒に旅行して朝、二人で歯を磨くことをイメージしているんでしょ?」と得意のイメージしたことは現実化するメソッドを持ち出す。

 

デザートに頼んだスフレはなんと出て来るまでに40分もかかった。

f:id:bonjour-paris:20190427020413j:plain

「遅いわね」とみんな言いながらも、

「旅行先で、一人で食事をするのが落ち着かないのよね」

「親にヴァカンスは一人で出かける、っていうと心配されちゃうわ、特に父に」

「一人旅のパッケージツアーなんてものもあるのよ、参加者全員がシングル」

「パッケージじゃ一人旅の意味がないじゃない?」

なんて具合に一人旅の話題は思いのほか盛り上がっていたので、それほど長く感じなかった。

 

ノートルダム大聖堂の火事とNUXEのプロディジューオイル

f:id:bonjour-paris:20180731112125j:plainアンヌ


ノートルダム大聖堂が燃えてしまった。

カミーユが大騒ぎしていたので、何かと思ったら、4月の末にオサムの従兄弟がパリに遊びに来る予定で、行きたい場所のリストにノートルダム大聖堂が入っていたのだという。

「彼、がっかりすると思うわ」とカミーユがため息交じりに言った。

f:id:bonjour-paris:20190419213118j:plain

 

テレビのニュースで燃えるノートルダム大聖堂を見てもまるで映画の1シーンのようで、ぴんと来ない。聳え立つ大聖堂を自分の目で見れば、しかもそれが炎と煙に包まれていれば、また受け取る印象も違うのだろう。

 

そういえばノートルダム大聖堂を最後に訪れたのはいつだろう。

ナチュラルコスメのブランドNuxeのスパが1区にあって、そこで顔のエステをした後に気分が良くなって、セーヌ河岸までぶらぶら歩き、そのままシテ島まで散歩したことがあった。大聖堂前の広場は観光客がいっぱいで、聖堂の中には入らずにその前を通っただけだった。

 

と、思い出して、ふと愛用しているNuxeのプロディジューオイルがそろそろなくなることに気が付いた。ツバキオイルとアルガンオイルを配合したこのオイル。以前は、オイルはべとつく感じがして苦手だったが、これはさらっとしていて使い心地がいい。

f:id:bonjour-paris:20190419213312j:plain

bonjour-paris.jp

 

いつもは100 mlのものを使っているが、次はヴァカンス用に携帯しやすい50mlサイズも一緒に買おうかしら。

ドラッグストアのフェイスマスク

f:id:bonjour-paris:20180731112055j:plainルイーズ 

 

何となく、肌が疲れてくすんでいると感じた時はドラッグストアに立ち寄って、フェイスマスクを買う。

 

f:id:bonjour-paris:20190412185314j:plain

 

20代の頃に比べると明らかに肌にハリがない。でも、子育て中の身にはエステに通う余裕は金銭的にも時間的にもないから、思いついたらマスクを使うことにしている。

 

今回は、パッケージがおしゃれで目に止まったレノ(LAINO)のハリケア用マスクMasque Soin Fermetéを買ってみる。顔に塗るタイプだ。

f:id:bonjour-paris:20190412185349j:plain

bonjour-paris.jp

 

一時、韓国製のシートマスクがあまり高くないのに効果抜群と聞き、試したことがある。ただ、バスルームでマスクを顔にのせて寝室に入ったら、夫のステファンがぎょっとした顔をして、「デスマスクか?」なんて言った。

 

その後、一度ステファンが一人で自転車に乗りに出かけた日曜日の午後、シートマスクを付けてリビングのソファに寝そべっていたら、息子のマチューも「ママ、ハロウィン?」と、どうも男性たちに人気がないようなのだ。

 

そういえば、シートマスクを勧めてくれたヨガ教室の仲間は、独身の一人暮らしで彼とは週末に会うだけと言っていた。きっとシートマスクはデートの前日、一人でいる時に使っているに違いない。               

 

レノのハリケア用マスクは、ギャラリーの仕事がない月曜の午後、家事を終えた後、誰もいないリビングで、一人ソファに寝そべって雑誌を読みながら試してみた。

アルガンオイルが配合されていて、クレイを洗い流した後に肌の弾力が戻ったように感じ、くすみも改善された気がした。チューブ一つで2回分と書いてある。

明日からまたがんばって働いて、来週月曜日に2回目のパックをしよう。

ミモザの思い出とリキッドソープ

f:id:bonjour-paris:20180731112110j:plainエマ


 この時期になるとそろそろ会社やヨガ教室で、夏のヴァカンスの話題が増えて来る。シングルの身としては、正直、憂鬱だ。

 

去年の夏は彼と別れて同居を解消し、一人暮らしを始めたので、引越しに時間もお金をかかったし、やることが多くて気も紛れた。後は実家に少し帰ってのんびりした。

 

今年の夏はどこかに出かけたい。でもどこへ、誰と?仲のいい友人はみんな結婚していたり、彼氏がいたり・・。

 

通りがかった花屋でミモザの花が目に入り、別れた彼と一昨年、夏のヴァカンスにボルム・レ・ミモザという南仏の美しい村で過ごしたことを思い出す。夏にミモザの花は咲いておらず、今度はミモザのきれいな時期に来たいね、なんて話したっけ。別れた彼に未練はないけれど、夏のヴァカンス時期に一緒に過ごす相手がいないのはやっぱり寂しい。

f:id:bonjour-paris:20190406004549j:plain

 

ヨガ教室で授業が終わって更衣室に戻ると、アンヌが「これ、さっきドラッグストアで買って来たの」とグラナドのチューブタイプのリキッドソープをバッグから取り出して見せてくれる。家ではポンプ式のものを使っているけど、持ち運びにはこれが便利よね。ヨガの後のシャワー以外にもヴァカンスに持って行けるし。カレンデュラオイルが入っているから、ビーチで焼いた肌の炎症を抑える効果もあるのよ。」

f:id:bonjour-paris:20190406004614j:plain

bonjour-paris.jp


 

ヴァカンスという言葉にちょっと胸がチクっとしたが、「このリキッドソープ、チューブのデザインもかわいいわね」と答えて、ごまかした。

 

ところが地下鉄駅までの帰り道にアンヌが「私、夫と別れた直後の夏のヴァカンスは一人旅をしたのよ。娘は母に預かってもらってね」と切り出した。やっぱり“チクっ”が顔に出ていたのかな?

アンヌは続けて「一人になりたくてね。でも、離婚するまではうまくいかなくなったのは全て夫のせい、と思い込んでいたけれど、旅先で非日常的な空間に自分を置いて自分自身を見つめ直してみたら、誰のせいでもない、誰が悪いわけでもなかったのかも、なんて思えるようになったのよ」。

「一人になって自分を冷静に見ることができたのね」。

「そう、それから旅先でちょっと素敵な男性にも出会ったのよ。ポストカードのやりとりを何回かして、それで終わっちゃったけれどね」。

 

自分を見つめ直すための一人旅なんてちょっとかっこいいし、シングルの今しか体験できないことかも。ひょっとしたら旅先で新しい出会いもあるかもしれないなんて考えると、ちょっとワクワクした。